ディスクロージャーポリシー

基本方針

フリービットグループは、常にステークホルダーの視点に立ち、以下の観点で企業情報の開示を行なうことを基本方針といたします。

公平性 全てのステークホルダーに対して公平な開示を行なうこと
正確性 常に正確な情報の開示を行なうこと
適時性 該当情報の速やかな開示を行なうこと

開示基準

    (1)金融商品取引法等の関連法令及び東京証券取引所の定める適時開示規則に則って情報開示を行ないます。(2)関連法令や適時開示規則が定める開示基準に該当しない情報であっても、ステークホルダーにとって有用であると判断されるものについては、積極的な情報開示を行ないます。

開示方法

    (1)適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所の「TDnet」を通じて情報を開示いたします。(2)(1)以外の情報についても、ステークホルダーにとって有用であると判断されるものについては、適宜、プレスリリース配信や説明会等を通じて開示いたします。(3)(1)及び(2)で開示した情報は、当社Webサイトでも速やかに掲載いたします。

沈黙期間

決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、各四半期決算日の翌日から当該四半期決算発表日までを「沈黙期間」といたします。この期間については、当期間内の決算情報に関わるコメント、質問等への回答は差し控えさせていただきます。
ただし、公表済みの業績予想と大きく乖離することが明らかになった場合には、適時開示規則に則り、速やかに開示いたします。


pagetop